スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:JKダークエルフ触手を飼う!

 世間からリアルの黒ギャルが消えてから、やや時間を置いて二次元エロで黒ギャルが一ジャンルを占めるようになりました。このタイムラグと定着の過程を研究したら、色々面白いんじゃないかなぁ…などと思っています。

 自分でそれをやる時間があるかどうかは分からんですが。

JKダークエルフ触手を飼う!
JKダークエルフ触手を飼う!

 サークル「月夜のこねこ」さんのマンガ同人誌。表紙カラ―、本文モノクロ24p。

 ダークエルフで黒ギャルのヒロインが、拾って飼い始めた触手に徐々に開発されていくお話です。世界観的には現代風ですが、まぁ普通にダークエルフがいます。まぁこういうのは突っ込むよりも、素直に「黒ギャルダークエルフヤッター!」と喜ぶのが吉です。

 ヒロインが最初に拾った卵から孵った謎の生物。最初こそ可愛い外見だったものの、すぐに部屋を埋め尽くすほどの触手となり彼女を快楽調教していきます。

JKダークエルフ触手を飼う!

 元々ユルい感じの巨乳ギャルだったヒロインですが、触手に開発されるうちにおっぱいがさらにデカくなり、服装も露出が増えていって男子たちから告白されるようになります。

 憧れだったセンパイからも誘われるようになったヒロインですが、自室では触手にアナルを挿入されている有様。さらに処女を奪われそうになると「それは大事なトコだから彼氏にあげたい」と一応は拒むのですが、結局あっさり流されて挿入されてしまいます。破瓜描写もきっちりとあり。

 さらには極太触手までも登場して、お腹ボコォ!状態になりながらも彼女は快楽に喘ぐのでした。

 一応お話の設定的には「触手による洗脳」ということになっているようですが、描写的には快楽堕ちとか和姦に近いような曖昧な流れになっています。

 オチはセンパイ(顔は見えない)とのデートに際どい格好で現れたヒロインの胎内には既に……という感じなので、あんまりハッピーエンドという感じではないです。まぁギャルならではのユルい雰囲気のために暗い印象は受けませんでしたが。

感想:触手ちゃんは甘えんぼ

 なんとか月が替わる前に更新ですよ。

触手ちゃんは甘えんぼ
触手ちゃんは甘えんぼ

 サークル「にゅーてっく」さんのマンガ。フルカラー表紙込みで16p。
 巨乳の女の子が突然現れた蛇っぽい触手生物に授乳するお話です。挿入なしで授乳・搾乳のみ。

 最初のコマからして、ヒロインの巨乳ポニテ少女の(そろそろおっぱい漏れちゃいそう…お家に帰ろっと)というモノローグから始まり、甘えてくる触手への授乳や触手による搾乳で終わるという、清々しいまでのおっぱい特化型作品です。触手はひたすら女の子に甘えておっぱいを吸うことだけが目的なので、直接的な性行為はありません。

触手ちゃんは甘えんぼ

 なぜか女の子の服は全部脱がされたり、触手を胸に挟んでキスしたりとエロ要素はありますが、それも少女の母性による甘ったるい癒しを強化する方向で働いています。射精とか性行為とかへの欲求を持たずひたすらにおっぱいに甘える触手と、異種であっても無条件に甘やかしてくれる少女の姿は異種姦のようでそうではなく、どう表現したらいいのか悩むところです。

 あと、女の子の脱がされた服がいつの間にか綺麗に畳まれているところが良いと思います。

感想:フェアリー・ストーリーズ

 リンク1件追加しました。異種姦インプレッションさんです。

 では今回の作品。
フェアリー・ストーリー
フェアリー・ストーリー

 サークル「ねこふぐり」さんのドット絵ADV。女の子はボイス付き。
 操作はアクション形式。キー操作マニュアルがないので分かりにくいですが、方向キーで移動、z,xキーでアイテムを拾ったり置いたりできます。

 妹と森へベリー摘みに出かけた妖精があれこれエッチな目に遭うというストーリー。エンディングはリョナ・和姦の2通りあり、途中のエロを全部スルーすることで和姦エンドとなります。

 基本的な進め方は「アイテムを入手して必要なところに持っていき、障害をクリアする」というお使い型になります。マップが広大でもないので、迷いながら総当たりで進めてもさっくり一時間以内で終わるレベル。ただし近付いただけでエロイベントが始まる場所もあるため、和姦エンドのためにエロを回避するならこまめにセーブしておくべきです。



 Hシーンは9+エンディング2種に3シーンの計15。一度解放すれば回想モードで閲覧可能です。
 相手はリス・鳩といった小動物やノームのおっさん、食虫植物の触手や虫もあります。エンディングは人間相手で、リョナエンドではオナホ妖精もあり。和姦だと挿入は指だけです。

 等身高めのドット絵で描かれた女の子たちは可愛らしく、メルヘンチックな森の中で進行する世界観は童話の中にエロを持ち込んだような雰囲気がありなかなか良いです。

 ただ選択肢でHシーンに突入後、数パターン見て終わり……というのは若干物足りない感はあります。ドットアクションのように寄ってくる敵に次々犯されるようなリアルタイム感や、テキスト主体のADVのような描写の濃密さが出せないところが泣き所になっていると思います。

 あと、いかにも何かありそうな蜘蛛相手にイベントが無かったりするのは「あー本来エロがあったのを削ったのかな」とモヤッとしますね。

 攻略についてはネタバレ要素もありますので、異種インプレッションさんで書かれている記事を参考にどうぞ。
【妖精×異種姦】Fairy Story レビュー

感想:触手売りのクルテ/触手売りのクルテII

 2019年となりました。本年もよろしくお願いいたします。

 さて今回は元日スペシャル……というわけでもないですがシリーズもの2作まとめて紹介。

触手売りのクルテ
触手売りのクルテ

触手売りのクルテII
触手売りのクルテII

 サークル「すずぽに」さんのマンガ同人誌シリーズ。それぞれ34p、30p。
 性欲を持て余した会社員のヒロインが、人間社会によって衰退した「触手族」の少女と出会い、快楽に溺れていく。現在2作品まで刊行されていますが、ストーリーはまだ続くようです。



 設定とか、擬音マシマシのエロシーンとか、何となく「あなたの街の触手屋さん」シリーズを連想させるところもありますが、この作品はよりダークで血生臭いシリアス寄りのストーリーとなっています。

 また主人公と触手族の少女、そしてIIでは主人公と会社の後輩との関係にレズ的要素があり、触手による快楽堕ちと和姦の中間のようなテイストです。

触手売りのクルテII

 エロ描写の強さもある一方、ストーリーと世界観を描いていこうという方向性も感じます。狂おしいほどの快楽に溺れる主人公や害獣のごとく世間から扱われる「触手族」など、今後重い展開がありそうな予感もありますが、続きが気になるところです。

感想:いしゅかん

 このブログではあんまりメインに据えてないですが、人型人外×女の子の異種姦ものも好きなんですよ。

いしゅかん
いしゅかん

 サークル「ランダム・パーツ」さんのマンガ同人誌。27p。このブログでは過去にCG集「魔快館」を紹介済みです。


 人間と異種族の距離が近いファンタジー世界の辺境が舞台で、和服の女性とゴブリンの異種カップルによるガッツリした夫婦の営みが題材。

 登場する人外が小柄な(しかしペニスは大き目)ゴブリン♂ということで、体格差ものの要素もあります。ヒロインから漂う大人の色気と豊満さが際立ってなかなか良い感じ。ゴブリンのほうも普段はわりと愛嬌がある(Hの最中はけっこう迫力ある表情ですが)ので、おねショタっぽさも多少ありますね。

 プレイ内容が体位を変えながらも、ほぼ全編パワフルなピストン中出し(ちょこっとだけ亀頭舐めあり)で押し通してるところも、小細工不要の人外Hという風情が感じられます。

いしゅかん

 明確な孕ませ・ボテ腹シーンはありませんが、断面図を交えた濃密な中出し描写に集中している作品です。こういう和姦&中出しにこだわる特化型の作品は人間同士でも案外少ないので、異種姦となるとなかなか希少と言えます。やっぱりこう、外には出さないぜって姿勢は良いものだと思うんですよ。
おすすめ同人作品
最新記事
リンク
相互リンク希望の方はコメント欄よりお願いします。

相互RSSも募集中
タグ:

触手 同人誌 CG集 異種姦 モン娘 コミック スライム  丸呑み 妖精 百合 ADV 音声 RPG おねショタ 東方 ふたなり アンソロ エアドール日記 動画 メガネ 獣姦 全年齢向け ホラー 人形 メカ娘 SLG STG 小説 

カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

ibuki

Author:ibuki
https://twitter.com/ibuki_345

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。