感想:触手・異種姦CG集「昏色回想録」

ご存知の方も多いと思いますが先日ニコニコの新バージョン発表会がありました。いつも以上の大ブーイングに終わってしまったわけですが、最近youtubeを投稿先として使うようになった私も、動画サイトとしてのニコニコがいかにシステム的に立ち遅れてしまっているかを実感しています。あれがカドカワの精一杯なら、もはや上向きに持ち直すのは困難でしょうね。
あと、購入した電子書籍まだ読めないままのが多いから何とかして。

触手・異種姦CG集「昏色回想録」
触手・異種姦CG集「昏色回想録」

サークル【moth_sabbath】さんのフルカラーCG集。HTMLでシチュごとにSSが付いています。全8シーンで基本CGは10枚。
全5作が発表されているCG集シリーズの最初の作品です。つい先日、総集編がDL販売を開始したため個別の作品もセールに入っています。

内容としては凌辱ものが多いのですが、サンプル画像にも使われているイラストの「ケモミミの女の子が巨大生物の体内で触手和姦」というシチュが目当てで購入しました。このシチュはもう一枚、ベロチュー&挿入シーンのイラストもありましてきっちり和姦のポイントを押さえています。
それ以外にも和姦ではないですが、洗脳蟲姦もなかなか良かったですね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

感想:Dawn of Goblin

そろそろ12月、年末が見えてきました。DLsiteのセールがいつから始まるかも気になりますが、今回は現時点でセールしてる作品をピックアップしていきます。

Dawn of Goblin
Dawn of Goblin

サークル「おっぱいクリック」さんの作品。フルカラーのデジコミです。アニメーション入りのゲーム制作もやっているサークルさん(むしろそちらメインではないだろうか)であります。CG集において差分中心で構成されているのが好きではないとのことで、この全40Pの結構な大作を描かれたそうです。いや、これ相当な量ですよ……女の子のポーズがやたら多いです。

内容としては、平和に暮らしているゴブリンを虐殺する女戦士に、スライム・触手・オーガの助けを借りたゴブリンが怒りの逆襲をするというものです。しかしこの女戦士、捕えられてからもかなり強かで、安易なくっころ展開にはなかなか行かせません。

Dawn of Goblin

ついには最強の敵オーガを逆レで倒すも、女戦士は妊娠しており……というところから怒涛の展開でタイトルが回収されるというなかなか秀逸なオチでした。単純なCG集ではなくストーリーを描きたかったという作者さんの勢いを感じます。

あと、これは個人的な好みなのですが、女の子が自分で「いやんっ丸見えになっちゃう」「あああっ挿入されたっ」「膣の中に汚いゴブリンのペニスがぁ」みたいに自分で状況説明しちゃう台詞って、ベタなんだけど物凄くエロくて好きです。

感想:年増魔法少女総集編

記事にするつもりでわすれてた作品がありましたので、今回はそれを。

年増魔法少女総集編
年増魔法少女総集編

サークルHrozさんの漫画3本の総集編です。年増魔法少女シリーズということで三十路熟女が魔法少女となってHな目に合うお話です。

Hrozさんの作品は甘々志向なようで犯したり犯されたりという展開が意外と多いんですが、ノリは深刻にならないというか、常に軽めです。ヒロインは必ず巨乳で、たいてい熟女かお姉さんのどちらかで、人外もよく出て来る(半分ぐらいサキュバス)という作風はブレないです。また「熟女で処女」というシチュが多いのもHroz作品の特徴で、今回は3本中2本が処女ヒロイン。はっきり言って好き。

・魔法少女スズカ(39)
アラフォーで処女の魔法少女スズカに、敵が「ババア結婚してくれ」と言いながら触手で襲ってくる。

・魔法少女ユミ(34)
隣の家に住む少年に、恥ずかしい魔法少女の姿を見られてしまったユミ。引退するため処女を捨てることに。

・魔法少女サユリ(37)
使い魔のミスで間違って魔法少女になってしまった人妻サユリが、魔力注入のためといって触手に中出しされる。

年増魔法少女総集編

実はHroz作品に触手が出て来るというのは珍しかったりします。

感想:THE 触シュー

DLチャンネルでプレイ動画を使って記事を書け、的なキャンペーンが始まっています。結局私も便乗してyoutubeにプレイ動画を上げています。FC2動画はアダルト可といいつつ触手を除外してくるから嫌いなんですよね……。
(二次元半の地平チャンネル)
そして今回紹介する作品も、実は既にプレイ動画は撮っています。

(まとめ記事はこちら)。動画ではDLチャンネル的な都合で体験版を使用してますが、結局製品版も別に購入しています。めんどくさいなあ。

THE 触シュー
THE 触シュー

サークル「楽描道楽」さんのSTG。いわゆる弾幕縦シューになるかと思います。
正直言うと、STGとしての完成度が高いおかげでエロゲとして取っつきづらくなっている感はあります。STGとしてはクリア用の機体なら攻略は楽ですし、全体として難易度はまぁそんなもんか、という感じですが、エロCGの全解放には相応のSTGスキルがないと辛そうですね。私の場合、少なくとも数週間単位で練習しないときつそうな手ごたえです。

デザインとしてはボムがわりと多用できる、というか敵弾をこちらの弾に変換する「五月雨」のシールド的な使い方を要求される感じですね……非常に分かりにくい例えで申し訳ないですが。高速弾もぼちぼち飛んでくるので、そういうの避けながら脳汁出ちゃうような人にはいいかもしれません。

触手エロとして見た場合、絵柄がクセの強いデフォルメ調なところに引っかかる人は多そうです。個人的には「抜けないけど嫌いじゃない」という感じですかね。

ちなみにこの作品、steamでも取り扱いをするようです。エロ要素はどうすんだろ。

感想:魔快館

今回は触手も出ますが、メインじゃないのでカテゴリ分けにちょっと迷いました。
まぁあんまり気にしなくてもいいかと思いますが。

魔快館
魔快館

サークル「ランダム・パーツ」さんのCG集。こちらも息の長いサークルさんですね。
作品のテーマは、人間としての生を捨て、異種との交わりによる快楽を貪る者の館……ということで、様々な相手との異種姦に溺れる人間やエルフの女の子達の痴態を覗いてみようという趣向になっています。

魔界の奥底にあるというサキュバスが管理するこの館は異種姦願望のある淫らな者が「奉仕」を受ける場所であり、老いることも死ぬこともなく望みのまま永遠にイキ続けることができるという夢のような(悪夢とか言ってはいけない)設定です。女の子たちが目をハートマークにしながら嬉しそうに快楽責めに浸る姿は大変素晴らしい。

相手は延々交尾を続ける異形の蟲やワーム、回転式触手装備の肉壺、オーク・ゴブリン等の異種族、そしてふたなりのサキュバスやサキュバスを統べる魔王、など多様です。前半は触手系、後半は人間型がメインという感じですね。女の子は人間・エルフ・褐色肌のダークエルフと様々ですが皆程よい巨乳で、おっぱいガラス押し付けシチュもあります。

魔快館

シチュが多様なのがこの作品の魅力ですが、代わりに一つ一つのシーンが基本的にCG2枚で終わってしまう構成になっています。とはいえ「地獄絵」的に様々な責めを見せて回るという構造を取っている以上、バリエーションの豊富さがより重視されるのは仕方のないところでしょう。

総じて見ると、CG集としてはそこそこの価格ですが内容はそれに見合う充実度です。個人的にかなりお勧め。

感想:エイリアンサクリファイス

触手が題材の作品となると、舞台はファンタジー世界がどうしても目立つのですが、SFモノもまた独自の雰囲気とか得意なシチュというものがあります。宇宙船の内部という「途方もない規模で孤立した密閉空間」なんかは最たる例だと思います。

エイリアンサクリファイス
エイリアンサクリファイス

無限堂キネマさんの動画作品。謎の病により人々が死んでいった宇宙船内で、ただ一組残されたカップル。女は触手の怪物と化した恋人と貪るようなセックスに明け暮れる……。という破滅的で狂気を感じさせる触手モノ。一応サークルさん的には凌辱ということになってるようですが、触手に脳をやられてる私のような人間からすると「女の子が悦んでるし和姦扱いでもいいんじゃないかな?」という感じです(ガバガバ判定)。

エイリアンサクリファイス

それにしても、フルボイス動画というのはやはり実用性という点では非常に優秀だなと改めて思います。女の子も非常にエロい腰回り~太もものラインを筆頭に体つきが良いですね。

感想:出張触手エステ~マイクロビキニでヨガ中の人妻編~

DLチャンネルでプレイ動画推進キャンペーン的なものが始まったわけですが、こと成人向け動画となると、どこに上げると規制回避しやすいか、再生がスムーズか、外部からひょっこり見に来る試聴者数は……等悩みどころだと思います。
でもとりあえず重すぎるFC2動画という選択肢はないでしょう。成人向け表現を回避してyoutubeに上げた方がマシですね。

出張触手エステ~マイクロビキニでヨガ中の人妻編~
出張触手エステ~マイクロビキニでヨガ中の人妻編~

サークル「DASS」さんのCG集。10年以上活動しているサークルさんですね。絵柄的には正直古臭さが否めませんが、今回のようにおっさんが欲求不満の人妻にセクハラ、なんて題材にはマッチしていると思います。

出張触手エステ~マイクロビキニでヨガ中の人妻編~

謎の触手マッサージ師の餌食になるのがムチムチの人妻ですが、「欲情をそそる」という表現が似合う肉感的な体をしています。これをマッサージ師のおっさんが謎の特殊能力を駆使して責め立てるわけですが、触手の手慣れたねちっこい感じがおっさん特有のスケベさを感じさせて良い感じです。

また、おっさんの謎能力として「マット上空の空間内に自分の体の一部を拡大させて出現させる」というのがあり、口だけ出現させて陰部を大きな舌でなめ回すなどという表現も登場します。全身を出さないことでビジュアル的に人間っぽさが薄れるため、異形の怪物に近い印象を受けます。個人的には異種姦というジャンルに人間は極力目立ってほしくないのですが、この程度でしたら受け入れやすいですね。

感想:とことん凌辱する触手のむれ

先日DLsiteのポイント還元システムが変更になり、前もって取得したポイントで決済した場合はポイント還元の恩恵を受けられなくなりました。DLチャンネルでポイント付与を大々的にやっている影響でしょうかね。

とことん凌辱する触手のむれ
とことん凌辱する触手のむれ

今回の紹介作品はサークル「えりんぎとろサーモン」さんのCG集です。基本14枚でそれぞれ別の女の子が登場します。

どれも肉壁内で拘束された女の子が触手に犯されるシチュで統一されていますが、状況を伺わせる説明書きも台詞も一切なく、わずかに時間経過を表す「数日後…」というキャプションが、彼女たちの犯され続ける境遇を示すのみです。あとは擬音と荒い息遣いだけで、喘ぎ声すら省かれています。

また女の子の顔が見えないアングルで描かれたシーンもいくつかあり、多くが読者側の想像に委ねられています。そのため、この作品自体は「凌辱」と銘打っているものの、女の子側に苦痛の色が薄く、擬音のほとんどにハートマークが付いてるということもあり、快楽堕ちとも和姦とも想像できる内容となっています。

とことん凌辱する触手のむれ

ストーリー性をあえて切り捨てることで、妄想の余地を残した面白い作品になっています。見る人によって評価は別れるでしょうが、私個人としてはけっこう好きですね。

感想:水の精霊とHな契約~すごろくRPG~

先日DLチャンネルに禁煙をネタに記事を書きましたが、禁煙開始から一週間経過になります。無事継続中ですがいまだに手持無沙汰になるとちょいちょい煙草のことが脳裏によぎるのが辛いですね。
あと間食でごまかしてるせいか体重が増えてます。気をつけねば……。

水の精霊とHな契約~すごろくRPG~
水の精霊とHな契約~すごろくRPG~

サークル「すとろべり~光」さん製作のRPG。
DLsiteで80%引きという大幅値下げセール中(12/2まで)でしたので購入。このサークルさんは新作の発売が遅れてたようですが完成は近いのかな?

で、こちらの作品はタイトルの通りスゴロク形式で進行するRPGです。イメージ的にはDQ内のミニゲームとして存在するスゴロクが近いでしょうか(このゲームも随所にDQパロディがあります)。周回型のスゴロクマップをサイコロの出目通りに進み、特定のマスに止まれば奥の階層に進行orボス戦です。最後のマップにいるボスを倒すことがクリア条件になります。

エロ要素は基本的にヒロイン一人だけに存在します。一応敵にモン娘も混ざってはいますが、倒すとたまに服が脱げ、そのイラストが図鑑に記録されるという程度の扱いです。ヒロインも設定上は精霊ですがさほど目立つ人外要素はないため、モン娘的なものを期待していると肩透かしを食います。

ヒロインは主人公と魔術的な契約をしており、ダンジョン内で稼いできた「魔力の欠片」を渡すことで、色々とエッチな行為をするコマンドを解禁できます。この魔力の欠片というのが買い物にも使える実質的な通貨なので、援交か何かやってるみたいな気分になってきますが、一応魔力を渡すことで自分の強化もされるので生々しさは若干薄れます。ちなみに本番はラスボスを倒すまでお預け。

Hシーン含めヒロインはフルボイスで、同じHコマンドでも進行度によってテキストが変化するためボリューム感はあります。本番が最後までおあずけな分、道具を使った責めやフェラにバリエーションを持たせています。ヒロイン役の声優さんの演技がなかなか良いので実用度は高いですね。一方で基本CGの枚数は意外と多くないですが、メガネやニーソ差分でカスタマイズが効くようになっていることを考えると充分な量だと思います。
特にメガネは似合ってるので良し。

水の精霊とHな契約~すごろくRPG~

ゲームとして見ると、ちょくちょくサイコロの出目に振り回されることにはなりますが、救済アイテムがそこそこの数供給されるので「詰まってなかなか進まない」という場面は少ないです。むしろ「レベル上げや装備を購入する前に進み過ぎてボス戦に突入」というケースのほうが困ります。全体としてゲームバランスは、ちょっと我慢して稼げば攻略できるという難易度でまとまっています。死亡時のデメリットも低いので運ゲー要素の割にストレスは低いデザインです。

難点としてはマップ数が少なく、淡々と攻略すればわりとあっさりエンディングを迎えてしまうことでしょうか。やりこみ要素としてはモンスター図鑑がありますが、モン娘のSDキャラをちょろっと脱がせてもそんなに興奮するわけではないので微妙なところ。

結局のところ、作品の目玉となっているのはヒロインとHな戯れですので、評価としてはキャラやボイスが気に入るかどうかに掛かっていると思います。個人的には、ほわんとした声から盛大にフェラ音を響かせてくれる山田じぇみにさんの演技は非常にお気に入りです。
でもやっぱり、コスパとしてはもうちょっとゲーム部分の分量が…という気もしますが、セールで安くなっているなら買いですね。

感想:泉の妖精と女神にされた俺

今回紹介するのはジャンルとしては触手というよりTSF(性転換モノ)作品です。TSF作品は普段ならスルーしてますが、サンプルの絵的には良かったのと安価な作品でしたので試しに購入しました。

え?過去に女体化催眠音声を紹介してただろって?……いや、感覚的に違うんですよね、これが。

泉の妖精と女神にされた俺
泉の妖精と女神にされた俺

サークル「眠たい猫」さんの作品。モノクロ全8Pの短編、というか掌編漫画です。

内容は森を彷徨っていた主人公(男)が泉で妖精によって女体化され、触手となって動く水により犯される、というものです。急激に肉体が女性化し、戸惑っているうちに犯され、精神が変容していく……というあたりがTSF的な見どころなのだと思います。だいたい想定内でしたが触手成分は控え目でフレーバー程度に考えた方が良さげです。

女性向け作品(BL)も出しているサークルさんということで、絵柄は柔らかめの少女漫画にありがちなタッチですが癖は強くないので読みやすいほうだとは思います。作画は丁寧ですね。

で、結局個人的には「守備範囲外のジャンルゆえ評価不能」と言わざるを得ないです。女の子の絵柄に限ればむしろ好みに近いんですがね。
おすすめ同人作品
最新記事
リンク
相互リンク希望の方はコメント欄よりお願いします。

相互RSSも募集中
タグ:

触手 同人誌 CG集 異種姦 モン娘 コミック スライム  百合 音声 丸呑み ADV RPG 妖精 おねショタ ふたなり アンソロ 東方 エアドール日記 全年齢向け 動画 メガネ ホラー 獣姦 人形 SLG メカ娘 STG 小説 

カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

ibuki

Author:ibuki
https://twitter.com/ibuki_345

月別アーカイブ
検索フォーム