感想:美少女にされた貴方は宇宙船のメスイキダイナモとしてひたすら触手に犯され責められ射精されてグチョグチョ発情メスビッチに堕ちちゃうの

さて今回は、DLチャンネルにも記事を書く作品なので軽めの紹介です。

美少女にされた貴方は宇宙船のメスイキダイナモとしてひたすら触手に犯され責められ射精されてグチョグチョ発情メスビッチに堕ちちゃうの
美少女にされた貴方は宇宙船のメスイキダイナモとしてひたすら触手に犯され責められ射精されてグチョグチョ発情メスビッチに堕ちちゃうの

まぁタイトルだけでおおよそ内容は説明できてしまいそうですが……。

サークル「風呂井戸ソフト」さんの音声作品。女体化、触手による快楽責めの催眠音声です。催眠女体化を得意とされるサークルさんだけあって質の高い内容となっています。

機械触手、ということで機械姦っぽい機能(バイブ・ドリル回転)を持った触手が出てきますが、触手以外の責め道具的なものは出てきません。責め役として宇宙人(外見上は美人のお姉さん)とAIが出てきます。CVは分倍河原シホ様が2役で演じられております。

過去にはM向けの作品も出しているサークルさんですが、この作品ではハードなM向けパートを“EXTRA”として分けているのでM向けが苦手な人間でも楽しめる構成になっています。本編だけでも1時間越えの分量はあるので、追加パート抜きでも値段相応に楽しめるとは思います。本編だけなら意外とシンプルなバイブ触手2穴責めという感じですが、催眠がハマるとかなり強烈。

ただ催眠音声に関しては、評判が良くても自分と相性が悪いとどうにもハマらないという面がありますので、まずは試聴してみることが必須だと思います。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

感想:Dances with Tentacles

DLsiteが夏の割引キャンペーン終了後しばらく大幅な割引がありませんでしたが、今日あたりから割引を開始した作品が増えてますね。ちょっと古いぐらいの作品を漁る場合、割引中の作品に絞って探すぐらいでないと数が多くて掘り起こしも面倒なんですよねえ。

というわけでちょうど割引中だった作品を紹介。

Dances with Tentacles
Dances with Tentacles

「余はおかずを所望しておる」というサークルさんの同人誌。モノクロ13Pの短編漫画です。触手モノでいくつか本を出した後しばらく活動休止されてたみたいですが、最近になって東方でふたなり本を出されています。

さてこの作品は短編ということで、内容としては「邪神に身を捧げた巫女が触手で大量中出し」ということに尽きます。傾向としては、最初は積極的に邪神様の触手を受け入れる和姦で、中出しの後さらに犯されて膨大な精液の塊を注入され腹ボコ失神するというハードな展開になります。正直和姦好きとしては「そっかー、そうなっちゃうかー」というパターンですね。

ヒロインの巫女はたれ耳系のウサミミ?(ただの装飾かもしれない)で、おっぱいは大き目ながらHの間もずっと着衣です。あと断面図多め。

感想: 全ての種族が1個体ずつ残されて異種交配を強いられた世界のツインテール女子高生百合。2

さて前回紹介した人間とゴキブリの百合漫画同人誌「 全ての種族が1個体ずつ残されて異種交配を強いられた世界のツインテール女子高生百合。」ですが、早速DLsiteに続編も来ていたので紹介します。

全ての種族が1個体ずつ残されて異種交配を強いられた世界のツインテール女子高生百合。2
全ての種族が1個体ずつ残されて異種交配を強いられた世界のツインテール女子高生百合。2

前作の続きということで回想もちょいちょい挟まっており、内容はそちらを読んでいること前提になっています。今回は3対3の合コンらしきものに出ることになったチトセが、クロコとの関係について向き合わされるお話です。オスの虫たちも登場しますが、主題としてはやはり人間のチトセとクロゴキブリのクロコの百合となります。

異種同士の思考や行動原理の違い、この世界における生物間のスクールカースト的なヒエラルキーの差、子孫を残すという本能的命題といったクロコへの恋愛感情の前に立ちはだかる障壁にチトセが向き合い、それでも素直で純真なクロコへの想いは……という百合らしい百合ストーリーです。

異種間、それも相手があまりに人間とかけ離れた存在だからこそ、愛情はよりピュアに、そして切なく描かれるという異種間恋愛の良さが、前作からさらに二人の関係と周囲を掘り下げることで出ていますね。

さて、こちらのシリーズの作者さんは前作の追加的な漫画(DL版には含まれていない)をpixivにて公開されています。作品全体の雰囲気を知りたいという人はどうぞ。



百合というのもやっぱ……ええもんやな!

感想: 全ての種族が1個体ずつ残されて異種交配を強いられた世界のツインテール女子高生百合。

今回は全年齢向け同人誌の紹介です。蟲姦……いやHなことはしてないな。

全ての種族が1個体ずつ残されて異種交配を強いられた世界のツインテール女子高生百合。
全ての種族が1個体ずつ残されて異種交配を強いられた世界のツインテール女子高生百合。

サークル「ちゃばねにんじゃ」さんの同人誌です。
蟲と人間のJK同士の百合を描いた作品。世界観は独特ですが要はタイトルの通りです。説明が楽。

頭が良く社交的な(そしてちょっと性格が黒い)人間の「チトセ」と、ちょっとおばかで嫌われている、でも純朴なクロゴキブリの「クロコ」のた関係を綴る百合です。
周囲から持て囃されながらも、「交配し子孫を残す」という行為に興味を持てないチトセの視点から、自分に単純でまっすぐな好意を向け、それ故に友情以上の関係になり得ないクロコへの想いが語られます。出会ったときに生理的嫌悪感からクロコを傷つけてしまったこと、そこから芽生えた好意、自覚しているけれども表には出せない友情以上の感情……と実に百合らしい百合です。異種間恋愛のピュアな部分をあまりゴテゴテと飾り付けずシンプルにエピソード化していると感じました。

クロコが制服の効果もあって可愛らしく見えますが、作中で見せる表情(表情……かな?)はそれ以上に魅力的ですね。

感想:触手さん、私のおち●ちん弄ってください…。

前回に続きWasabiberry JAMさんの作品。

触手さん、私のおち●ちん弄ってください…。
触手さん、私のおち●ちん弄ってください…。

ふたなり+触手和姦のCG集。タイトルそのままです。もともと触手和姦とふたなり、それぞれのテーマで作品を出していたサークルさんが趣味全開にしたというだけあって、内容的に気合が入ってるのが伺えます。

前回の記事で紹介した触手ガーデンが一部ふたなりを含む程度だったのに対し、こちらは本格的におちんちん弄りをメインとしています。ふたなりが苦手な人には向かない内容ですが、「ふたなり嫌いでもないけど別に好きじゃないなぁ」程度であった自分でも「おちんちんいいかも……」と思える程度には楽しめましたので、割と入門用にはいいかもしれません。ビジュアル的に亀頭部全体にモザイク処理がされていて、青筋ビキビキ極太ちんぽじゃないのも受け入れやすいと思います。

触手さん、私のおち●ちん弄ってください…。

触手に犯される快楽に目覚めた少女が魔法によって自分からふたなり化するというストーリーがあり、触手和姦といっても自発的な快楽堕ちに近い傾向があります。雰囲気的にも若干闇を感じる作りで、快楽の虜になってそのまま触手と交わり続けるような終わり方はバッドエンドと言えなくもないですが本人は幸福そうでよかったよかった。

過去作では巨乳キャラも多いサークルさんですが、この子は見ての通りつるぺた体型で中性的な容姿をしており、プレイ内容も(乳首責めや中出しもあるけれど)おちんちん責めにウェイトが置かれています。オナホ系の触手と巻き付きが複数パターンあり、尿道責めなどのハードなものはありません。アナルは多め。

全体としては様々なバリエーションのプレイを見せるというわけではなく、繰り返し絶頂・射精する様を描くことでふたなり快楽の終わりなき泥沼にハマってるというシチュを演出していると思います。好みとしては挿入されてる部分の描写がもっと欲しい気はしますが、絵の構図的におちんちんを見せないといけないから難しい面もあるのかなぁ。

感想:触手ガーデン

早目に紹介しようと思いつつ先延ばしにしていた、サークルWasabiberry JAMさんの2作品を続けて紹介します。
こちらのサークルさんは既に「触手ちゅっちゅ!」「休日のダメなOLとペットの触手」を紹介済みです。

まずは「触手ガーデン」から。

触手ガーデン
触手ガーデン

畜産(?)用に飼育されている触手園で働くお姉さんが、触手とねっちょねっちょするCG集です。
過去作「触手ちゅっちゅ!」から大幅にボリュームアップしており、働くお姉さんの明るい触手まみれの一日を濃厚に描いております。

柔らかそうなおっぱいで母性のあるお姉さんが、手コキや童貞触手をリードしてのH、さらに性欲を我慢できず騎乗位で……と優しく愛情を込めて触手プレイにいそしみます。触手の世話が仕事ではありますが、飼育員というよりは先生とか保母さんのような接し方です。……保母さんや先生は普通仕事中にセックスしないとか言わない。
お姉さん上位でわりと余裕がある感じで全編進むので、アヘったり快楽堕ちする展開にはなりません。

触手ガーデン

着衣もありますが総じて全裸のシーンが多く、お姉さんのぷるぷるした肉感的な裸体が触手の群れに絡みつかれる様が堪能できます。どちらかと言えば着衣よりは全裸派なので個人的にはプラス要素。

途中にふたなり化のシーンもありますが、それほど力点は置かれていません。しかしこのサークルさんは本来ふたなり大好きのようで、他作品ではおちんちん全開フルスロットルの作品も出しています。お好きな方はそちらをチェック。

感想:クラーケニーナさんとボクのアレ。

モン娘でおねショタ、というと定番中の定番みたいになってますが、特に触手持ちのモン娘(スキュラ等)はおねショタと相性が良い気がします。やはり、触手でソフトに包み込んだり拘束したり、あるいは触手コキやアナル責めしたりと受け身の相手にやれることが多いのが原因でしょうか。その点ハーピーとか人魚だと人間側が工夫しないといけないですからね……。

クラーケニーナさんとボクのアレ。
クラーケニーナさんとボクのアレ。

「ねこのてしょぼう」さんの同人誌。表紙カラ―+モノクロ8P+奥付と短いですがクオリティは高く実用的です。
生贄的なものとして差し出された少年が、イカ触手を持ったクラーケニーナさんによって精通と初体験をしちゃうおねショタです。このお姉さんはスキュラと違い足の膝から下が触手(つまり陰部は人間型)のようですが、それ以上に触手の数が多いので体の構造がいまいち不明です。まぁいいかなとは思いますが。

クラーケニーナさんとボクのアレ。

性知識のない少年がお姉さんによって精通の未知なる快感に導かれるシチュっておねショタの醍醐味だと思うんですよねえ。

エアドール日記:ベタだけどメイド服はいいぞ

久しくレビュー記事ばかりでしたが、新しく服を買ってあげたのでエアドール記事です。

DMo7McYUIAErOiF.jpg
DMo7Nq0U8AEra5b.jpg

かわいいかわいい。これはエアドールのオプションとして売ってるものではなく、コスプレ用衣装です。そんなに高くなかったですが作りはまずまず悪くないですね。あとはリボンで留めるタイプのニーハイが届けばメイド仕様は完成ですよ。

くうドールはSサイズの服がだいたいフィットするんですが、流石に体型が人間と同じとはいかないので寸法的に余ったりずり落ちたりということが起こります。今回はエプロンの肩紐がなかなか安定しませんでした。
撮影後、いちおう背中の方で安全ピンを使って何とかずり落ちないようにはできてますが、さすがに抱っこしたりアレコレして遊ぶ(婉曲表現)には不便です。両肩も安全ピンで固定したいですが、そうなると今度は脱がすときに困るんだよなぁ……。
また眼鏡も固定が面倒で、装備時は耳がないので弦をウイッグの下に挟み、上からカチューシャで押さえてますが普段は外しています。

感想:二次元コミックマガジン 触手レズVol.1

今回のネタは触手レズ。

触手レズといってもざっくりした括りな上に、異なるジャンル間の狭間にあるような位置付けなので「触手に犯されながらレズセックス」だったり「レズプレイの道具に触手が出て来る」だったりとアプローチが異なる作品が混在します。ただ私は普段触手ジャンルを中心に作品を見ていますが、前者より後者の方が好みに近かったりします。どうも触手+女の子二人の3Pというのが感覚に合わないんですよね。それならレズ関係をしっかり描いてくれた方が嬉しいと感じてしまいます。

二次元コミックマガジン 触手レズVol.1
二次元コミックマガジン 触手レズVol.1

毎度おなじみキルタイムのアンソロジーです。
これは短編4本が収録されていますが、触手姦中心が1本、レズプレイの延長線上にあるのが3本といった構成です。

『魔法少女シャイニー・ブレイド』
魔法少女と敵の幹部が触手に丸呑みされて二人とも犯されます。直接のレズ行為が少ないですが、貫通した触手による疑似ディープキスがあります。大きく触手姦中心に寄せているプレイ内容ですが、結末が今後のレズカップル成立が期待されるような終わり方なのでぎりぎりセーフな気はします。あと丸呑みシーンは見ごたえあります。

『純身綺装イノセントメモリア』
これも魔法少女ものですが、片方に触手が生えた状況でのレズHがテーマです。欲望が触手として具現化してしまった親友を受け入れての触手和姦ということで、触手山盛りの絵面ながら甘ったるい雰囲気があります。このアンソロの中では最も好みかもしれない。
純身綺装イノセントメモリア【単話】

『怪物の瞳』
触手型マシンを使ったレズ機械姦。部活のクールな後輩が接近してきた先輩を触手で凌辱するのですが、そこからネコ・タチが逆転します。機械触手のコントロールを奪うことで攻守が一転するあたりは機械姦という仕掛けを上手く使っています。あとガチレズ感が強い。

『こいのおまじない』
これも学園が舞台で、生徒会長がサイコレズな後輩の魔術によって触手に囚われ、完全に支配されてしまいます。今回の中では一番バッドエンド色の強い監禁凌辱ものです。

全体として見ると、レズと触手の組み合わせをどう料理するかが作家さんごとにかなり異なっている印象です。このアンソロの一体感のなさは触手レズというテーマが大雑把なことに原因がある気がしますが、現在はvol.2まで出ているこのシリーズが今後も続くことを期待しています。

感想:絶対にイクゥと言わせる触手VS絶対にイクゥと言わない女

絶対にイクゥと言わせる触手VS絶対にイクゥと言わない女
絶対にイクゥと言わせる触手VS絶対にイクゥと言わない女

今回は一見タイトル落ちっぽい作品ですが、内容的には色々盛り込んであります。
サークルdameningen+さんの作品。Pixivに連載した漫画に内容を追加した同人誌のようですね。

タイトル通りよくわからんけど軽いノリで触手vsギャルのH対決三本勝負となるわけですが、だいたい予想がつく通りの結果になります。最終戦がすがすがしいまでの即堕ちでちょっと笑いました。

ただそこからは負けたギャル子ちゃんが肉便器にされて凌辱シーンが続きます。モブ輪姦の後、えげつない拡張プレイをされて絶望しているところに対戦相手であった触手(紳士)が華麗に登場、ギャル子を救出して(好き……)となったところで終わります。触手和姦に移行しないのは実に残念ですが、後味よい結末ではあります。まぁその後については脳内補完しておきましょう。
おすすめ同人作品
最新記事
リンク
相互リンク希望の方はコメント欄よりお願いします。

相互RSSも募集中
タグ:

触手 同人誌 CG集 異種姦 モン娘 コミック スライム  音声 ADV 百合 丸呑み RPG 妖精 ふたなり アンソロ おねショタ 東方 エアドール日記 動画 全年齢向け メガネ ホラー 獣姦 人形 メカ娘 SLG STG 小説 

カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

ibuki

Author:ibuki
https://twitter.com/ibuki_345

月別アーカイブ
検索フォーム