スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:守護者ジゼルと触手の街 -Guardian of the Garden-

今回は好きなサークルさんの作品と言うことでちょっと長文。
はっきり言うと褒める一方にはなってないですが、批評めいたことをやり過ぎるのもアレなんでさじ加減が難しいところ。まぁなるべく正直に書きますのでご了承ください。

守護者ジゼルと触手の街 -Guardian of the Garden-
守護者ジゼルと触手の街 -Guardian of the Garden-

サークル「Laboratory」さん制作のRPG……形式の実質AVG。このブログでも「恋触」はじめいくつも作品を紹介しているサークルさんです。
初期バージョンでスチル付きHシーン12+立ち絵(それぞれ衣装・ボテ腹差分有)、また街の住人(全員女性)もボテ腹にできます。

人間が触手生物と共生する街で「守護者」に任じられた主人公ジゼル(巨乳)を操作し、街の住民からの依頼を解決していきます。街にいる触手生物は知性を持っている温厚な種族と言う設定であり、登場する触手は人間と平和裏に共存可能なのですが、発情したりおっぱいが飲みたくなったりすると人間を襲うこともあります。よって守護者が触手生物とHをすることでだいたい解決します。素晴らしい。

システム上戦闘やレベルと言ったものはなく、街の人々と会話をすることで信頼度を上げ、条件を満たすと会話でイベントが発生するようになります。自分の服を着替えたり、自分や町の人の胎内に触手を宿すボテ腹のON(受胎)/OFF(出産)はわりと自由に会話で切り替えられるので、そのへんのバリエーションを楽しみながら日々を過ごすのが基本の流れになります。出産のほか授乳、産卵、Laboratory作品では恒例の搾乳、といったイベントもあり、何度も発生させたりできます。
最終的な目的もないので、コンセプト的には過去作の触手と棲む家に近いです。

女性と触手しかいない街で、守護者という特権もあるせいか全裸徘徊も最初から自由です。むしろゲーム開始時が全裸。街の女性たちはジゼルの裸を見せられると結構どぎまぎした反応をしますが、触手生物は別に気にしてないというのがちょっと面白いですね。でも百合成分は匂わせる程度です。

守護者ジゼルと触手の街 -Guardian of the Garden-

と、ここまで書きましたが、この作品の軸となるのはゆるくてエッチな世界観と美麗なイラストで表現されたキャラクター、あとおっぱいだと思います。ゲーム的なシステムが軸となる作品とは根本的に設計が異なる部分があるため「ゲームらしさ、ゲーム的面白さ」を期待する人にとってはそんなに面白くないかもしれません。ゲーム部分があくまでイベントにアクセスるための経路として使われている、という表現でお分かりいただけるでしょうか?
なので、プレイヤーはぷにぷにした触手がすぐそこにいる世界(とおっぱい)を眺めて楽しんだり、街の女の子に触手を受胎させて回ったり、ふわっとしたスタンスで向き合うべき作品だと思います。
…個人的には、Laboratoryさんの世界観をシリアス方向に煮詰めたようなノベルゲームもまた見たいんですけどね。

あとアップデートによるイベント追加が多いサークルさんですので、チェックはしておきましょう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

感想:魔法剣士アリサ

最近twitterクライアントを変えようとしたのですがJanetterにどうも馴染めません。
この手の専用クライアントは「どうしても」という理由がないと結局いちいち立ち上げる面倒くささが上回って使わなくなるんですよねえ。

魔法剣士アリサ
魔法剣士アリサ

サークル「一鉄工房」さん制作のRPG。低価格で「ラスボスとのバトル中のエロ」に内容を絞り込んだ作品です。
クリア後のおまけ含め一時間程度でコンプリートできる短編ですが、エロ技のON/OFFによる編集機能、クリア後おまけ要素の疑似バトルに複数のモード搭載といったバトルそのもののカスタマイズ性を押し出しています。
イラストに素材集を利用しているということもあってかエロ技自体はそこそこの数しかないのですが、一つ一つの攻撃に関する描写はしっかりしています。デフォルトではふたなりor触手(あと少しのSM要素)による凌辱・快楽調教レズセックスになります。

事前に情報収集をしないと絶対に戦闘では勝てないという仕様になっており、そこが一応謎解き要素にはなっています。クリア自体は仕掛けが分かれば簡単ですが、絶望に囚われるヒロインが好きならあえて勝たないのも手だとは思います。
逆にエロ技のカスタマイズによって触手技による責めに特化させ、クリア後に解放される要素のうち「おねだり戦闘」を使うことにより触手和姦シチュでも楽しめたりします。まぁそういう部分が無かったらこのブログで取り上げないですけども。

あと、敵ボスとの戦闘以外には少しだけおまけ的なエロもありますが、そちらもレズしかありません。

魔法剣士アリサ

やはり基本は、真面目なヒロインがバトル中の凌辱によりいたぶられるという路線ですので、和姦については「そういう楽しみ方がある」程度に考えておいた方がいいとは思います。一応ハッピーエンドも用意はされてますが、個人的にはクリア後も調教の記憶が忘れられずズルズルと快楽に溺れているシチュが好きですね。

感想:コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~

先日このブログでも記事を書いた「THE 触シュー」ですが、どうやらSteamでは好調のようです。この際だからDLsiteでも再評価されるといいんですが、やっぱり客層がマッチしてないからダメなんだろうなぁ。

コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~
コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~

サークル「マシーナリー」さんのRPG。男子向けホビー漫画のオマージュらしく、パーツ組み替え可能な女性型メカ同士を戦わせる世界の話です。

女性型メカ「コアノイド」は性欲を発散させる必要があるため、マスターはHする必要があるとかいう設定です。なのでモノアイだとか腕がパイルバンカーとか多脚型みたいな武骨なセッティングのメカ娘とHができるというのがこの作品の大きなウリですね。
一方、仲間とかライバル的ポジで登場する女性キャラともHシーンがあります。メカと人間でイベント比率は半々といったところ。

コアノイド ~組換え自在の鋼鉄乙女~

ゲームとしての難易度は高くないです。最初は攻撃が当たりにくいので命中補正のあるヘッドパーツで組んで、あとはレベルさえ上げれば戦闘はどうとでもなるバランスです。良くも悪くも全体にテンポよく進んでいくため、人によってはあっさりし過ぎていると感じるかも。

明らかな難点としては、あっさり感がHイベントにも当てはまるところ。癖のあるイラストやアヘ顔の多用はさておき、テキスト量と描写については正直もうひと頑張りしてくれたら……という内容です。パーツが不揃いの場合に起きる汎用Hイベントに至っては別になくてもいいのでは?とすら感じます。

しかし、多脚だのキャタピラだのといった非ヒューマノイド型パーツのメカとHできるという、ニッチな方面にあえて踏み込んでいる希少な作品であります。その部分に魅力を感じるなら遊んでみてはいかがでしょう。

感想:アリアと変態魔王のHなダンジョン

うちのPS3が最低でもHDD交換しないといよいよダメそうな雰囲気。PS4購入するか考えどころですね。
信長の野望・大志とかは気になるんですが。

アリアと変態魔王のHなダンジョン Ver1.0.2
アリアと変態魔王のHなダンジョン Ver1.0.2

サークル「QRoss」さんの作品。基本的に敗北Hシーン制のアクションRPGとなります。
今回は80%と大幅な割引セールだったので購入しました(そしてそれが正解でした)。

設定としては、人類最後の希望である魔法少女が魔王に挑むが、魔王は魔法少女を我が物にするためダンジョンに罠を……という内容です。敗北Hシーンの相手となるのは雑魚モンスター各種(触手、スライム、狼、コボルド)と亜人系のボス、そして魔王(外見的には普通の人間……?)です。

ひとつこの作品のゲーム的な問題として、「戦闘がだるい」というものがあります。無秩序にちょろちょろ動き回る相手を追い回してどうにか攻撃アクションを当てる、というシステムは広い場所のボス戦だとダメージを与えるのも受けるのも一苦労です。戦闘というより鬼ごっこでもやってるのかという感覚になります。

そして説明に全く書かれていないのですが、ゲームオーバーなしの代わりにデスペナとして「敗北するとレベルが下がる」というものがあります。ヒロインは最初99レベルでスタートします。その状態だとさっくりとラスボスの魔王も倒せますが、逆にわざと負けようとすると戦闘システムの問題もあり時間が無駄にかかります。一方敗北するとレベルが落ちていくため、ある程度負けると無駄に長期戦必至となり、さらには勝つこと自体が不可能レベルの詰み状態になってきます。

この手のゲームでお約束の淫乱度パラメータによるイベントの差分やエンディング分岐といった要素があるのですが、最低でも4番目の中ボスまでは勝っておかないとエンディングまで進まないのでレベルはある程度維持を考えねばなりません。攻撃力・淫乱度どいったパラメータはアイテムで調整可能ですが、レベルは低下する一方なので雑魚戦の敗北CGを回収する場合はエンディングまで到達できないこと前提でやる必要があります。ゲーム自体が短編とはいえ面白みに欠けるため、正直面倒なだけです。

Hシーンも異種姦シチュとしてはクセがなく、悪く言えば月並みです。ヒロインの絵柄が好きなら、そしてセール価格で購入するのであれば、まぁ許容できるかなといった程度です。

感想:水の精霊とHな契約~すごろくRPG~

先日DLチャンネルに禁煙をネタに記事を書きましたが、禁煙開始から一週間経過になります。無事継続中ですがいまだに手持無沙汰になるとちょいちょい煙草のことが脳裏によぎるのが辛いですね。
あと間食でごまかしてるせいか体重が増えてます。気をつけねば……。

水の精霊とHな契約~すごろくRPG~
水の精霊とHな契約~すごろくRPG~

サークル「すとろべり~光」さん製作のRPG。
DLsiteで80%引きという大幅値下げセール中(12/2まで)でしたので購入。このサークルさんは新作の発売が遅れてたようですが完成は近いのかな?

で、こちらの作品はタイトルの通りスゴロク形式で進行するRPGです。イメージ的にはDQ内のミニゲームとして存在するスゴロクが近いでしょうか(このゲームも随所にDQパロディがあります)。周回型のスゴロクマップをサイコロの出目通りに進み、特定のマスに止まれば奥の階層に進行orボス戦です。最後のマップにいるボスを倒すことがクリア条件になります。

エロ要素は基本的にヒロイン一人だけに存在します。一応敵にモン娘も混ざってはいますが、倒すとたまに服が脱げ、そのイラストが図鑑に記録されるという程度の扱いです。ヒロインも設定上は精霊ですがさほど目立つ人外要素はないため、モン娘的なものを期待していると肩透かしを食います。

ヒロインは主人公と魔術的な契約をしており、ダンジョン内で稼いできた「魔力の欠片」を渡すことで、色々とエッチな行為をするコマンドを解禁できます。この魔力の欠片というのが買い物にも使える実質的な通貨なので、援交か何かやってるみたいな気分になってきますが、一応魔力を渡すことで自分の強化もされるので生々しさは若干薄れます。ちなみに本番はラスボスを倒すまでお預け。

Hシーン含めヒロインはフルボイスで、同じHコマンドでも進行度によってテキストが変化するためボリューム感はあります。本番が最後までおあずけな分、道具を使った責めやフェラにバリエーションを持たせています。ヒロイン役の声優さんの演技がなかなか良いので実用度は高いですね。一方で基本CGの枚数は意外と多くないですが、メガネやニーソ差分でカスタマイズが効くようになっていることを考えると充分な量だと思います。
特にメガネは似合ってるので良し。

水の精霊とHな契約~すごろくRPG~

ゲームとして見ると、ちょくちょくサイコロの出目に振り回されることにはなりますが、救済アイテムがそこそこの数供給されるので「詰まってなかなか進まない」という場面は少ないです。むしろ「レベル上げや装備を購入する前に進み過ぎてボス戦に突入」というケースのほうが困ります。全体としてゲームバランスは、ちょっと我慢して稼げば攻略できるという難易度でまとまっています。死亡時のデメリットも低いので運ゲー要素の割にストレスは低いデザインです。

難点としてはマップ数が少なく、淡々と攻略すればわりとあっさりエンディングを迎えてしまうことでしょうか。やりこみ要素としてはモンスター図鑑がありますが、モン娘のSDキャラをちょろっと脱がせてもそんなに興奮するわけではないので微妙なところ。

結局のところ、作品の目玉となっているのはヒロインとHな戯れですので、評価としてはキャラやボイスが気に入るかどうかに掛かっていると思います。個人的には、ほわんとした声から盛大にフェラ音を響かせてくれる山田じぇみにさんの演技は非常にお気に入りです。
でもやっぱり、コスパとしてはもうちょっとゲーム部分の分量が…という気もしますが、セールで安くなっているなら買いですね。
おすすめ同人作品
最新記事
リンク
相互リンク希望の方はコメント欄よりお願いします。

相互RSSも募集中
タグ:

触手 同人誌 CG集 異種姦 モン娘 コミック ADV スライム 音声 百合 丸呑み RPG ふたなり 妖精  アンソロ おねショタ 東方 全年齢向け メガネ 動画 エアドール日記 獣姦 メカ娘 SLG 人形 小説 STG 

カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

ibuki

Author:ibuki
https://twitter.com/ibuki_345

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。