感想:巨大化した虫にフェロモンでメロメロにされ孕まされる女達

 蟲姦には大きく分けて2パターンありまして、小さな蟲がワサワサと女体に群れるやつと、巨大なやつにズコバコされるやつに分けられます。私はどっちかと言うと大きい蟲のほうが好みですね。

巨大化した虫にフェロモンでメロメロにされ孕まされる女達
巨大化した虫にフェロモンでメロメロにされ孕まされる女達

 サークル「幻想フェレス」さんのCG集。フルカラー基本14枚。
 フェロモンによる洗脳と孕ませをテーマにした蟲姦作品で、4人の女性がそれぞれ蟲に襲われてフェロモン効果で洗脳されてしまい、孕ませられて苗床化するというタイトル通りの作品です。登場するのは母娘、〇学4年生の女の子2人がそれぞれゴキブリ、クモ、カマキリに犯されます。最後はいずれもそのまま連れていかれて行方不明というバッドエンド系ではありますが、わりと洗脳即堕ちなので表現的には女の子の快楽重視と言った印象です。

巨大化した虫にフェロモンでメロメロにされ孕まされる女達

 どのケースでも大型の蟲とのセックスのあと産卵パートで小型の蟲が大量に生まれるという構成で一貫しており、「大小サイズどっちも出すぞ」という欲張りセット感がありますね。生まれた子供が母乳目当てに群がってくるのもファンタジー的ですが要点押さえてると思います。
 この中ではクモに犯される子が糸による拘束を外されても自分から求めてしまうシーンがマイベスト。体に微妙に糸が纏わりついてるところは、言葉にしにくいですが良さがあります。

 あと 明らかに和姦じゃないんでこのブログ的にはどうかなぁとも思うんですが、蟲姦自体が少ないしご容赦ください。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

感想: 山姫ノ繭 又

 さて前にも書きましたが、現在蟲系人外娘のまとめ記事をDLチャンネルに記事を提出したところであります。そこで取り上げた作品のいくつかを、こっちでもう少し詳細な個別記事にしておきます。

山姫ノ繭 又
山姫ノ繭 又

 サークル「南方ヒトガクシキ」さんの同人誌。モノクロ24P。
 独特の色気のある蟲娘を描かれているサークルさんですが、ダークな雰囲気のも多い中でこちらはほのぼのとした作品となっています。2014年に「山姫ノ繭」という同人誌を出しておられますが、こちらはDLsiteで扱ってないため未読です(メロンで電子版を扱ってる模様)。この「~又」はその続きなのかはっきりしないけど、どうなんでしょ(それぞれ独立の話っぽい気はしますか)。

 さてこちらの作品、ひなびた山里にあるとおぼしき屋敷で暮らす男と蛾娘のお姉さんの二人だけが登場人物です。どうも蛾娘のほうが圧倒的に長命の種族のようで、彼女はいつか来る男との別離に思い悩みますが、生涯添い遂げることを決め男女として契りを交わすというものです。寿命ネタは異種族シリアスものではわりと鉄板な、下手すると陳腐化しちゃうところがありますが、やっぱ綺麗に作られるとじんわりと心に来ちゃうんですよね。
 しかしそれでいて最後まで明るく、穏やかな筋立てにしてあるのですっきり、すんなりと読めます。

  蛾娘のお姉さんのキャラクターも魅力的でして、ときにちょっと気だるげで儚さのある表情やおっとりした物腰は上品ですが、一方で脱いだ時の柔らかそうな肉感と蟲らしさがミックスされたエロい体つきが欲情を誘います。

山姫ノ繭 又

 H部分についてですが、フェラの際に表情がちょっとクドい感じで個人的には気にはなります。しかし断面図を交えた丁寧で濃厚な描写は、非常にエロいです。胸の柔らかさを感じさせるパイズリが特に秀逸。
 一方で、二人のキャラクターが控え目な性格なため、盛大に好き好き言いながらちゅっちゅするようなスタイルではありませんが、互いの手を取るシーンに恋人同士の幸福なセックス感があり和姦イチャラブ好きとしても大変に満ち足りた気分になります。

 総じて派手ではないしポップさはないけれど、実に完成度が高い作品だと思います。

感想:カマキリとせっくす ーヒト化ウイルス感染報告記録ー

蟲娘というのはマイナーですが独特の魅力があります。特集みたいなのもそのうちDLチャンネルで記事にしたいなぁとか思ってたり。
(構想中のまま形にできてない記事がけっこう溜まってるんですが)

カマキリとせっくす ーヒト化ウイルス感染報告記録ー
カマキリとせっくす ーヒト化ウイルス感染報告記録ー

 サークル「バードジョーク」さんのマンガ。フルカラー36p。
 生物が「ヒト化」するウイルスに感染して女の子の姿になったペットのカマキリ。ウイルスの影響で精液を欲しがるようになったカマキリ娘とHするが……という内容です。

 見ての通り、緑肌で手足や口などに元のフォルムをかなり残したカマキリ娘さんがヒロインです。外見からして人外度が高いですし、元がメスカマキリということでかなり危険性もありそうに思えます……が、性格は人懐っこく無邪気で、実は拘束プレイが好きという大変可愛らしい娘さんです。
 デザインは人によって好みが別れるかもしれませんが個人的には非常に好みです。特に口を開いてネットリした口の中を見せるところのカットは大変なエロスを醸し出しており「なんか分からんけど絶対フェラが気持ち良いはず」という根拠不明な確信を与えてくれます。外骨格だから逆に中はトロトロなのでは?という連想をさせるんですよね。全く根拠はないけど。

カマキリとせっくす ーヒト化ウイルス感染報告記録ー

 途中で重いストーリーになりそうな気配もしますが、別に鬱展開になるということもなく二人のラブラブHに終始します。見た目がやばそうな人外娘とやばそうなシチュで遭遇するけどやることは和姦、というのは同じサークルさんの「エイリアンえっち」とも共通するところであります。これは厳しいんじゃないかな……というところから一転あまあま異種ラブラブセックスに持ち込んでくる落差が大変に良いです。

感想:孕ませの、シュペルリング

 今までフリーゲーム方面はほとんど触れてこなかったので分からないことが多いんですが、時折興味を引かれることがあるので余裕があったら漁ってみたいな……とは思います。できる余裕があるかはともかく。

孕ませの、シュペルリング
孕ませの、シュペルリング

 サークル「永久恋愛りんごTea」さんのテキスト付CG集。
 人間に敵対的な魔神に恋をした少女が、自分の身を異種交配実験に差し出すというお話です。冷酷な魔神の実験は過酷で容赦がなく、ヒロインのスズメちゃんはスライム・狼型・昆虫型モンスターに立て続けに激しく犯され子宮内に産卵までされます。記憶を失い瀕死になる彼女ですが、魔神への想いは変わらず最終的には愛する人(人ではない)の触手によって子を孕み、産むという幸福を得ます。めでたしめでたし。

 内容を見てみると、グロ・リョナ系作品も多く展開している作者さんなのですが、この作品では魔物との実験シーンは描写がややハードとはいえグロはなく、苦痛は快楽で上塗りされる形で抑えられており最終的には触手和姦から快楽出産に至りますので安心。基本CG枚数が取り立てて多いというほどではないですが、テキスト量があるぶん描写に不足は感じません。

孕ませの、シュペルリング

 スズメは傍目には圧倒的な絶望シチュにありながら、狂信的なまでの魔神様への献身と愛情は決して揺るぎません。途中で語られる過去のいきさつでは、彼女が人間の世界を捨てて討伐すべき魔神の元へ走るシーンが描かれます。魔神のほうは最後までデレてんだか微妙で冷徹な態度が崩れませんが、ヒロインが人間としての人生を捨てることで異種間恋愛が成り立っている構図です。
 異種恋愛を扱った創作だと、どっちかと言えば人外側が最初から友好的か、デレて人間に歩み寄るケースが多いのですが、このように人間側が人外サイドへ行ってしまうというのもある種の清々しさがあります。それも悪堕ちとか洗脳ではなく、自分の恋心を貫いた結果というのがミソですね。

 なお、この作品のストーリーは元々掌編フリーゲームとして制作された「絡ませの、シュペルリング」が元になっており、お互いを補完するような形になっています。シーンを立ち絵+ドット絵で表現しているフリゲ版もそれはそれで情報量がありますし、特に魔神のビジュアル(いけめん)についてはそちらを見た方が分かりやすいです。フリゲ版とセットであると考えた方が良いかもしれません。

感想: 虫絡み絵巻~虫に堕とされる少女達~

アクセス数がちょっと大きめに動いてるから何かと思ったんですが、年末にスライム娘の出てくる作品について書いた記事が公式のほうにピックアップされたようですね。たまにトップページからリンクされるのは大きいです。

虫絡み絵巻~虫に堕とされる少女達~【電子書籍限定版】
虫絡み絵巻~虫に堕とされる少女達~【電子書籍限定版】

キルタイムコミュニケーションから発売されたぽつ先生の単行本。収録作品は姦6本、どっちかというと触手1本、セルフ緊縛おもらしメインが1本となっています。電子書籍版は設定資料集+作者コメンタリー付属です。

虫絡み絵巻と題した姦もの作品は和姦・凌辱が半々といったところです。産卵苗床化のようなハード展開もありますが、猟奇・グロにはいかないので比較的とっつきやすいですね。触手ものは丸呑み凌辱で、直接表現はないですがバッドエンド。

と女の子の大きさはだいたい表紙絵の通りで、小さな虫がうじゃうじゃたかってくる系統の表現はないです。生殖機構も人間に近い感じになっていますので、女の子にあんまり無茶なことさせてる印象はないです(とセックスする時点でたいがい無茶ですけど)。

虫絡み絵巻~虫に堕とされる少女達~【電子書籍限定版】

サンプルの方にもありますが「頭を落とされても動き続けるに犯される」というシーンはらしさがあっていいですね。
ちなみに和姦系のエピソードは、森を守るため蟲に体を差し出す巫女、ドスケベすぎるエルフ姉妹(前後編)となっています。個人的には巫女さんの話が好き。
おすすめ同人作品
最新記事
リンク
相互リンク希望の方はコメント欄よりお願いします。

相互RSSも募集中
タグ:

触手 同人誌 CG集 異種姦 モン娘 コミック スライム  音声 ADV 百合 丸呑み RPG 妖精 ふたなり アンソロ おねショタ 東方 エアドール日記 動画 全年齢向け メガネ ホラー 獣姦 人形 メカ娘 SLG STG 小説 

カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

ibuki

Author:ibuki
https://twitter.com/ibuki_345

月別アーカイブ
検索フォーム