感想:Plantare Colere~精霊と可憐なる乙女たち~

 さて今回は久々にエロRPGの記事です。このブログは方向性としてシチュ特化型ですし、攻略とかゲームシステム的な面を詳しく語るよりもシチュや物語性についての色々を優先して書いていきます。まぁ同人エロRPGに関しては専門の方々がおりますし。

Plantare Colere~精霊と可憐なる乙女たち~
Plantare Colere~精霊と可憐なる乙女たち~

 サークル「ya-ho-games」さん制作のRPG。ver1.01時点で基本イベントCG26枚、Hシーンおよび主要イベントはフルボイス。
 幼馴染である名家の娘「リリーナ」を生贄の運命から救おうとする傭兵の少女「カレン」を主人公とする物語。敗北Hやイベントでの選択によるHシーンも存在しますが、本筋としては「純愛」をテーマにしています。

 このサークルさんの過去作や、コラボとしてサークル「Wasabiberry JAM」の錆わさびさん作品「触手ガーデン」(当ブログに記事あり)のキャラがゲスト出演するといった要素はあり、世界設定にも色々と共有する部分があるようですが、特に未プレイでも問題はないでしょう(自分も未プレイでした)。これらの作品を購入済みであれば、コードの入力によりやや強力なアイテムを序盤に入手できます。

 先にゲームシステムについて軽く触れておくと、主人公一人のバトルで戦闘中のH要素もあります。装備での立ち絵変化や街中でのエロイベント、周回要素やクリア後の楽しみなどエロRPGとして大体の基本要素は取り揃えてますし、ボイスも豊富でテキストも変な癖がなく広範囲のユーザーが普通に楽しめるものとなっています。ゲームバランスも適度に緊張感があり良く調整されていると思います。

 しかし、上で述べたように、この作品はあくまで「百合・純愛」であることを本線として据えています。確かにエロRPGによくある「敗北後の異種姦H」や街中でのエロイベント自体は確かに存在し、内容として相応の充実がなされています。しかし、それはあくまで脇道であり、メインコンセプトはあくまで百合ゲーなのだという製作者サイドの意図はそこかしこに見て取れます。

 まずゲーム起動時に現れるコンソール画面チックなメッセージ。この作品世界ではプレイヤーの存在を世界の外部から介入するだけの「精霊」として位置付けています。精霊は直接現れることもなく向うから知覚もされない傍観者であり、主人公カレンとは全く別の存在として規定されています。よってゲーム内世界において完結する「彼女と彼女の物語」に直接関与することはありませんし、ゲーム内世界の誰もプレイヤーのアバターたり得ないのです。まぁ百合ゲーと考えれば当然な措置ですね。
 世界設定も「男が根本的に世界に(敵モンスターですら)存在しない」という徹底ぶりであります。でもカレンを始め、ふたなりはそれなりに存在する模様。

Plantare Colere~精霊と可憐なる乙女たち~

 プレイヤーのメタ的な立場を物語内に取り込むところだとか、ほか色々なところでは「ガンパレード・マーチ」を意識してるのかなという部分も見えます。ゲーム内各所には、「それ臭い」とこを調べれば随所にアイテムが落ちているなど、プレイヤーが徹底的に「ゲーム的」に立ち回ることでかなり有利に動けますし、高難易度ではそういった立ち回りが不可欠になります。カンパレでいう「絢爛舞踏」というやつですね。システムの隅をつついて回るような、コアなゲーム好きにも応えられるような懐の深さ……という意味でも指向するところは似ているのかもしれません。

Plantare Colere~精霊と可憐なる乙女たち~

 異種姦要素としては基本的に戦闘敗北後のHで、快楽(堕ち)シチュとなります。雑魚戦だと負けても拠点に戻される程度なのであんまり悲壮感はないです。戦闘中は拘束攻撃による立ち絵変化が複数パターン用意されており、敵の落とすアイテム(肉片など)を所持していれば特定のNPCとの会話で立ち絵を見ることもできます。

 ただあくまで異種姦は脇道的な扱いなので、私個人としては「純愛百合ゲー」としてお勧めしたいところ。ネタバレは避けたいのであんまりストーリーについては多くを語れませんが、このゲームの本懐に沿うのであれば最初から処女クリアしてやろうというぐらいのつもりでやる方がいいかもしれません。
 私は処女クリアフラグがなんか上手いこと立たず、特典の回想シーン全開放ができませんでしたが……。まぁ回想シーン解放は処女クリア以外でもできますので問題はないです。

 また今後のアップデートによるシーン追加および価格改定も予定されています。公式サイト、販売ページのチェックはお忘れなく。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

感想:幼淫仙香

今回の作品紹介も記事作成のネタ集めの過程で購入したような作品です。実際記事にできるかわかりませんが…。

幼淫仙香
幼淫仙香

サークル「悦卵」さんのSS付きCG集。基本12枚。HTMLで閲覧します。
こちらは作者さんが快卵という異種和姦では老舗のサイトを運営されていまして、私もかつてこちらの影響を受けた一人であります。明確な異種+快楽+出産というコンセプトの徹底された、クオリティの高い作品は異種和姦系の多くなった今でも全く色褪せていません。最近も作品を出されているようで何よりです。

異世界の和風の文化を持つ国が舞台で、高貴な姫君とお付きの侍女(女房と言うべきかしら)が異形の神たちと婚姻し激しくまぐわい、快楽を貪りながら出産するという物語です。

幼淫仙香

いたいけな姫君が触手+極太ペニスを受け入れて大量の精液にまみれて孕み、精液を注がれながら出産し、さらに産まれた子供たちを交えて乱交を繰り広げる……というかなりハードに飛ばした内容ですが、絵本のような美しいタッチで描かれる少女たちの姿には淫靡さと同時におとぎ話の姫君のような可憐さも感じられます。ふたなり化レズもあり。

感想:キボウノショウワクセイ

さて、今回はFCブログの児ポ系ワード規制に苦しめられる炉利ものです。
規制に引っかかって投稿無効になっても再投稿はさほど手間じゃないんですが、気分的に削がれるんですよね……。

キボウノショウワクセイ
キボウノショウワクセイ

サークル「ミルクココアセーキ」さんの同人誌。フルカラー24p。フルカラーの淡い色使いで、どちらかと言えば柔らかめの線の画風ですが、太い触手に中出しされる精液の重そうな感じもしっかり出てたりと濃厚なエロさも兼ね備えてます。

ヒロインはショウワクセイじゃなくてショウガ〇セイっぽい女の子。夏休み、飼育委員の仕事をしていた学校の飼育小屋で見たことのない、ひどく弱った手のひらサイズの生物を見つけ……というお話です。

キボウノショウワクセイ

最初の出会いは飼育小屋の動物と同じような感覚でこっそり世話することにした女の子ですが、その後みるみる成長して立派な触手持ちになった生物と恋人同士のようにまぐわうようになります(そうなる過程もちょっと見たかったですが)。そしてお互いに意識が通じ合うようになりますが、少女は生物からある「何か」を託されることに……。
と、異種間の出会いと別れを描く切ないお話かとも思わせる流れですが、最後はどっちかというとバッドエンドに近いようなダークなオチになります。それでも少女の動機が純粋な愛であることや、絵的に柔らかい空気感が維持されていることにより陰鬱な印象はあまり受けないようになっています。

尿・軽い人体変異といった要素はありますが、異種純愛ものが好きな人には是非読んでもらいたいです。
まぎれもなく良作。

感想:触手学園異種和姦部

ミリシタの方が色々とイベント等立て込んできたせいで、うっかりするとこっちの更新を忘れそうになります。いかんいかん。

触手学園異種和姦部
触手学園異種和姦部

サークル「No Such Agency」さん制作のCG集。基本CG7枚。
異種和姦と題していますが内容としては洗脳・調教寄り(和姦と洗脳の中間ぐらい)です。妖しい女教師(人間としての姿は出てこない)が体育会系の部活動中の女子生徒に文字通り触手を伸ばし堕としていくレズ触手です。冒頭では会話形式のSSがあり、女の子たちが無警戒にボディコンタクトを許してしまう様子が分かります。やけに無警戒、というかむしろ会話だけで半分堕ちてるような様子が伺えるのが洗脳っぽい印象を与える要因の一つだと思います。

触手学園異種和姦部

また脚フェチ、とありますがそこまでフェティシズムを意識させられるものではないです。私があまり脚にこだわってないからかもしれませんが、絵的にはそれほど執拗に描写するほどではありませんでした。むしろ服をじわじわと溶かす描写や、女の子が運動後で汗まみれというシチュの方が特色として目立っているかもしれません。

また、女教師は堕とした生徒たちをこの後苗床、あるいは性奴隷として扱うような発言をしており、女の子がそれに悦んでいるとはいっても狭い定義での触手和姦らしさが薄いのは事実であります。

感想:魔法剣士アリサ

最近twitterクライアントを変えようとしたのですがJanetterにどうも馴染めません。
この手の専用クライアントは「どうしても」という理由がないと結局いちいち立ち上げる面倒くささが上回って使わなくなるんですよねえ。

魔法剣士アリサ
魔法剣士アリサ

サークル「一鉄工房」さん制作のRPG。低価格で「ラスボスとのバトル中のエロ」に内容を絞り込んだ作品です。
クリア後のおまけ含め一時間程度でコンプリートできる短編ですが、エロ技のON/OFFによる編集機能、クリア後おまけ要素の疑似バトルに複数のモード搭載といったバトルそのもののカスタマイズ性を押し出しています。
イラストに素材集を利用しているということもあってかエロ技自体はそこそこの数しかないのですが、一つ一つの攻撃に関する描写はしっかりしています。デフォルトではふたなりor触手(あと少しのSM要素)による凌辱・快楽調教レズセックスになります。

事前に情報収集をしないと絶対に戦闘では勝てないという仕様になっており、そこが一応謎解き要素にはなっています。クリア自体は仕掛けが分かれば簡単ですが、絶望に囚われるヒロインが好きならあえて勝たないのも手だとは思います。
逆にエロ技のカスタマイズによって触手技による責めに特化させ、クリア後に解放される要素のうち「おねだり戦闘」を使うことにより触手和姦シチュでも楽しめたりします。まぁそういう部分が無かったらこのブログで取り上げないですけども。

あと、敵ボスとの戦闘以外には少しだけおまけ的なエロもありますが、そちらもレズしかありません。

魔法剣士アリサ

やはり基本は、真面目なヒロインがバトル中の凌辱によりいたぶられるという路線ですので、和姦については「そういう楽しみ方がある」程度に考えておいた方がいいとは思います。一応ハッピーエンドも用意はされてますが、個人的にはクリア後も調教の記憶が忘れられずズルズルと快楽に溺れているシチュが好きですね。
おすすめ同人作品
最新記事
リンク
相互リンク希望の方はコメント欄よりお願いします。

相互RSSも募集中
タグ:

触手 同人誌 CG集 異種姦 モン娘 コミック スライム  百合 音声 丸呑み ADV RPG 妖精 おねショタ ふたなり アンソロ 東方 エアドール日記 全年齢向け 動画 メガネ ホラー 獣姦 人形 SLG メカ娘 STG 小説 

カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

ibuki

Author:ibuki
https://twitter.com/ibuki_345

月別アーカイブ
検索フォーム