感想:魔法使いの弟子

 世間は冬コミの当落が出て賑わっておりますが、私は行けそうにない感じかなぁというところです。

魔法使いの弟子
魔法使いの弟子

 サークル「ストレンジ コケットリー」さんの漫画。モノクロ34ページ。
 異なる世界が接触するようになった未来の世界を舞台に、人造種族である無機生命体の少女と魔法の存在する異世界の種族(触手あり)の異種和姦ストーリー。異種間恋愛ものを多く出されているサークルさんで、当ブログでは既に触手に嫁いだ姫日記を記事にしています。

 魔法を学んでいる無機生物の少女が魔術の反動で巨乳化してしまい、それを解除するために精液を一リットル浴びることになる……という筋書きです。表情がないので感情が分かりにくい非人間型種族と、本来なら生殖機能を持っていない人造人間という取り合わせゆえにベタベタした恋愛という感じが最初はあまり出ていませんが、魔術で女性器を形成させてのHが始まると触手による激しいセックスによる中出し孕ませに至ります。

魔法使いの弟子

 どちらも人間ではないぶん、恋愛よりもワンクッション置いたかのような会話と人間離れした貪るような異種姦が展開される空気感は独特で、異種恋愛ものに馴染みがない人にはちょっと戸惑うかもしれません。単なる触手エロというよりも、そういう噛み合わなさに魅力を感じる人向けの作品ではあります。

 モノクロなのと片方が人間と違う体の構造なせいか、ちょっと構図的にわかりづらいですが、半分丸呑みっぽい描写もあります。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

感想:うじゅらうじゅら(生体触手編)

 植物系の触手というのもちょいちょい出てきますが、やっぱり植物と動物では孕ませ展開に持ち込めないとか色々あるせいかマイナーですね。「受粉しちゃうぅぅぅ」って台詞はCG集で見たことありますが、流石に実際受粉はしなかったし。

うじゅらうじゅら(生体触手編)
うじゅらうじゅら(生体触手編)

 サークル「楽園天国」さんの同人誌。フルカラー表紙・イラスト2枚+本文モノクロ26p。先に紹介した人工触手編に登場するキャラの過去話、という設定ですが直接関係してないので単体で見ても大丈夫です。

 少女が夏休みに育てていた朝顔がある夜襲いかかり、花から変化したゴーヤ状の触手に犯されます。実は学校の先生が間違って朝顔に擬態する触手生物の種を渡していたのでした……というオチ。

 前作同様、可愛らしい絵柄で少女がじっくり責められて快感に沈められていくのを描写しています。乳首への愛撫や膣内で暴れるあたりの細かさに丁寧さを感じます。

うじゅらうじゅら(生体触手編)

 また、最初は朝顔の花が吸い付いてくるのですが、こういう「花がえっちなことをしてくる」というのは意外と見ないけど女性作家さんはわりと使うんですよね。あと射精表現がない、というのも傾向としてあります。

感想:うじゅらうじゅら(人工触手編)

 感想のネタになるかなと思って購入したらちょっとレビューに出せない物件だった、とかあって間が空いてしまいました。
 あと別方面で作業もやってるのですが、こっちの更新が途切れないように頑張りたい。

うじゅらうじゅら(人工触手編)
うじゅらうじゅら(人工触手編)

 サークル「楽園天国」さんの同人誌。32pでカラーイラスト4pと本編モノクロ漫画。
 長らく商業でも活躍されている、きみおたまこ先生が2015年夏コミで出された同人誌です。特にカラー絵は流石のクオリティといったところ。

 タイトルにもあるように、内容としては女性向けに開発された人工触手による性感マッサージ(挿入あり)を行う「触手エステ」の模様が描かれています。まず取材に来た女性の目の前で、モニターの女の子(触手による開発済み)へのデモプレイが行われます。女性記者も取材後に薦められるままに体験することになり、自ら太い触手に犯されることを選ぶのでした。

うじゅらうじゅら(人工触手編)

 一人目の女の子のほうが調教済みなだけあってイキまくるシーンにページ数が多く割かれているのですが、二人目の女性記者は「最初消極的だけど始まると積極的」というシチュなので個人的好みとしてはグッとくるものがあります。こちらも、もうちょっと見たかったな、とは思いました。

 女性向けエステの人工触手という設定なだけに、形こそ触手ですが内容はソフトめの機械姦モノに分類したほうがいいのかもしれません。
 あと、微妙に少女漫画的な匂いがする作風なので、好みとしては分かれそうな気がします。

感想:スライム姫さまとボクのアレ。

 最近は異種姦以外の作品もぼちぼち手を出しているのですが、そのへんはまとめてざっと紹介しようかなぁとか考えています。

スライム姫さまとボクのアレ。
スライム姫さまとボクのアレ。

 サークル「ねこのてしょぼう」さんの漫画同人誌。本文モノクロ8P+表紙・裏表紙フルカラー。もともとコピー本で出されたもののDL版のようで、内容としては巨乳スライムのお姉さんと少年の甘々おねショタものです。このサークルさんは以前の記事で取り上げていいますが、息の長い活動をされております。

 さて、おねショタといえばお姉さんとショタのどちらが攻め側かで好みが別れがちですが、この作品ではスライムさんのほうが誘惑してたり逆アナルもあったりと基本的な主導権を持っています。しかし彼女はあくまで優しく(搾精はしてるけど)愛情をもって少年を扱っており、Hも一緒にイッちゃうようなラブラブとなっています。まぁショタっ子のほうは終始快楽でとろけてる様子で余裕はなさそうですが。

 スライム姫さまとボクのアレ。

 なにぶんページ数が少ないだけに、Hシーン以外も色々もっと見たいのにと思ってしまうところですが、エロ自体はパイズリ・逆アナル・中出しにボテ腹出産と濃厚なのでコスパ的にも良いと思います。

 惜しむらくはモノクロゆえにスライムっぽさが少し分かりづらいところでしょうかね。

感想:もしもヌマオニに負けてたら【漫画版】

 それでは先に予告した作品の紹介。CG集を同じ話ででリファインした同人誌というのはあんまり聞かない気がしますが、どうなんですかね。

もしもヌマオニに負けてたら【漫画版】
もしもヌマオニに負けてたら【漫画版】

 サークル「ぷち屋」さんの作品。モノクロ漫画28p。以前の記事で紹介した同名のCG集を書きおろして漫画化したものです。

 ストーリーも大筋は同じで、触手生物「ヌマオニ」に敗北してすっかりとりこになってしまったプチ魔女ゆ~ぷるちゃんの孕ませ出産、という内容。モノクロになった分枚数も細かいところの描写も増えており、Hシーンも種付けをじらされて自分からおねだりするといったパワーアップがされています。

もしもヌマオニに負けてたら【漫画版】

 オチとなる、服従が一度切れてからゆ~ぷるちゃんがデレる場面でもしっかり流れが描写されており、Hから始まる異種間恋愛といった色合いがはっきり出ています。CG集もそれなりに楽しんだのですが、シチュ重視派としては非常に満足度が上がりました。
 CG集のほうが安価ですが、どちらか一つだけを選べと言うなら私はこちらを推します。もちろん両方購入でもいいですけど。
おすすめ同人作品
最新記事
リンク
相互リンク希望の方はコメント欄よりお願いします。

相互RSSも募集中
タグ:

触手 同人誌 CG集 異種姦 モン娘 コミック スライム  百合 音声 丸呑み ADV RPG 妖精 おねショタ ふたなり アンソロ 東方 エアドール日記 全年齢向け 動画 メガネ ホラー 獣姦 人形 SLG メカ娘 STG 小説 

カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

ibuki

Author:ibuki
https://twitter.com/ibuki_345

月別アーカイブ
検索フォーム