感想:俺の悪魔が毎日精子をねだるので、チン●がかわく暇もない。

 最近眠気に勝てなくて困ります。体力の衰えかな……。

俺の悪魔が毎日精子をねだるので、チン●がかわく暇もない。
俺の悪魔が毎日精子をねだるので、チン●がかわく暇もない。

 サークル「PNOグループ」さんのCG集+漫画。フルカラー基本12枚に、Pixivに連載中のモノクロ漫画の第一話11Pも同梱。触手チンコが生えた男と悪魔娘とのセックス三昧を描いた連作ストーリーがベースで、CG集の続編も出ています。

 拾った瀕死のロ/リ悪魔を犯しているうちに、不死身の肉体と触手チンコを手に入れた男と、自分から性奴隷になっている悪魔娘。二人はひたすらセックスしてるだけという自堕落な感じの設定ですが、ポップな絵柄と雰囲気的にあっけらかんとしたヒロインの台詞回しで暗さはありません。
 男の方が一応チンコを除けば人間の姿を保っているのですが、漫画の方を見るに一度死んでから悪魔の力で蘇生してるために精力無尽蔵のセックス魔人と化してるような感じです。元の人格はクズ男っぽい感じですが、ここまで来るとセックス以外頭にないので一周回ってマシになってると言えなくもない。



 チンコの形状をそのまま長くした形状のまさにチンコ触手、というのは思ったほど多くないのですが、印象的にあくまで人間の男がベースということを強く意識させます。形状的にはあんまり器用なことができないぶん、なんか射精欲求が強そうに見えますね。

 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

感想:美人面犬の飼い方

 最近ずっと催眠音声の制作のかかりきりでしたが、先日ようやく一つボイスロイドを使用した無料作品を公開することができました。とはいえ当面はここのブログで紹介できるようなものは出せないと思います。
 Ci-enのほうに色々置いたり書いたりすることにしますので、よろしくお願いします。

 それはさておき、今回の作品紹介。

美人面犬の飼い方
美人面犬の飼い方

 サークル「チンジャオ娘。」さんのCG集&コミック。フルカラーで基本CG12枚+コミック見開き5枚。
 人間の頭部に犬の体を持ち、知能が高く会話も可能な人面犬がペットとして普及しているという設定。小さいころから一緒に育ってきたペットの人面犬である「姉」と人間の「弟」による相姦を描いています。
 イラストの「達磨さん転んだ」さんは柔らかいタッチの絵柄ながら四肢欠損系や調教もののハードな作品が多いのですが、こちらは企画が別ということもありソフトな異種和姦ものにまとまっています。

 ヒロインであるお姉ちゃんはいかにも美人という顔立ちに小型犬の体というタイプの人外ですが、胸や性器はいくらか人間寄りの作りになっているのでリアル獣よりも少しだけケモに寄っている感じ。まず見た目で頭部と体に不均衡なイメージを受けますが、しっかりした姉らしい性格なのに欲情した弟の好きなようにされて体は悦んでたり、発情して動物の本性が出てしまったりと内面的にもアンバランスなところがあります。

 プレイは序盤に野外でHとお掃除フェラから始まりますがそれ以降は室内となります。

美人面犬の飼い方

 性欲に衝き動かされ、甘えるように体を求めてくる弟に対し、それを仕方なく許しているつもりが快楽に流される姉、という姉ショタものでは定番の流れを踏襲していますが、同時に「犬と人間」という要素も絡んでくるため関係性は独特で新鮮味があります。また受精はしても妊娠はしない、寿命に差がある、といった異種カップルとしての宿命も描写され読後に切なさを残します。
 結局読者としても彼女がペットなのか肉親なのか、どう見ればいいのかはっきりとせず、感情がごちゃ混ぜになったような気持ちになるのですが、それは決して悪い気分ではありません。自分も牝の室内犬飼ってみたいなぁと少しだけ思ってしまいますね。や、実際飼いませんけど。

 ともかく異種和姦ものとしてはビジュアル・物語性・エロスを兼ね備えた出色の出来といえるでしょう。お勧めできます。

感想:人外娘のエロCG スライム娘

 DLチャンネルのまとめに対するポイント報酬が変わり、記事製作者の皆さんも試行錯誤されているようです。私は適当にやってますが。

 さて今回も取り上げるのはスライム娘ものです。

人外娘のエロCG スライム娘
人外娘のエロCG スライム娘

 サークル「人外村.com」さんのCG集。フルカラー基本7枚。
 森の奥のスライムの住処に迷い込んでしまった童貞の若者が、スライム娘に搾精されているうちに本気になってしまうという内容。逆レ気味に始まり緩めの女性上位で進みますが、最終的にはラブラブとなります。
 射精直後に膣内を自在に動かして亀頭責めしてきたり気絶するまで逃がしてくれなかったりとスライムさんもけっこう容赦ないのですが、可愛らしい外見と悪戯っぽい口調のおかげでキツい印象は受けません。男の方も自分から禁忌とされているモンスターとのセックスや孕ませに自分から踏み入れてしまうことになります。

人外娘のエロCG スライム娘

 スライム娘によくある断面図表現はありませんが、鮮やかな水色の体に白濁した精液が透けて見える表現は出てきます。基本枚数は多くないものの、差分に細かく微妙な表情の変化を付けてますし塗りも綺麗なので価格のわりに案外充実しています。

 見どころとしては最後にスライム娘さんも発情してラブラブHで一緒に絶頂してしまうところでしょう。引っ張っておいて最後にデレるのはやはり達成感(?)がありますね。
 惜しむらくはこの作者さんがサークルとしては1作だけで休止状態になっていることでしょうか。

感想:スライム姫さまとボクのアレ。

 最近は異種姦以外の作品もぼちぼち手を出しているのですが、そのへんはまとめてざっと紹介しようかなぁとか考えています。

スライム姫さまとボクのアレ。
スライム姫さまとボクのアレ。

 サークル「ねこのてしょぼう」さんの漫画同人誌。本文モノクロ8P+表紙・裏表紙フルカラー。もともとコピー本で出されたもののDL版のようで、内容としては巨乳スライムのお姉さんと少年の甘々おねショタものです。このサークルさんは以前の記事で取り上げていいますが、息の長い活動をされております。

 さて、おねショタといえばお姉さんとショタのどちらが攻め側かで好みが別れがちですが、この作品ではスライムさんのほうが誘惑してたり逆アナルもあったりと基本的な主導権を持っています。しかし彼女はあくまで優しく(搾精はしてるけど)愛情をもって少年を扱っており、Hも一緒にイッちゃうようなラブラブとなっています。まぁショタっ子のほうは終始快楽でとろけてる様子で余裕はなさそうですが。

 スライム姫さまとボクのアレ。

 なにぶんページ数が少ないだけに、Hシーン以外も色々もっと見たいのにと思ってしまうところですが、エロ自体はパイズリ・逆アナル・中出しにボテ腹出産と濃厚なのでコスパ的にも良いと思います。

 惜しむらくはモノクロゆえにスライムっぽさが少し分かりづらいところでしょうかね。

感想: 山姫ノ繭 又

 さて前にも書きましたが、現在蟲系人外娘のまとめ記事をDLチャンネルに記事を提出したところであります。そこで取り上げた作品のいくつかを、こっちでもう少し詳細な個別記事にしておきます。

山姫ノ繭 又
山姫ノ繭 又

 サークル「南方ヒトガクシキ」さんの同人誌。モノクロ24P。
 独特の色気のある蟲娘を描かれているサークルさんですが、ダークな雰囲気のも多い中でこちらはほのぼのとした作品となっています。2014年に「山姫ノ繭」という同人誌を出しておられますが、こちらはDLsiteで扱ってないため未読です(メロンで電子版を扱ってる模様)。この「~又」はその続きなのかはっきりしないけど、どうなんでしょ(それぞれ独立の話っぽい気はしますか)。

 さてこちらの作品、ひなびた山里にあるとおぼしき屋敷で暮らす男と蛾娘のお姉さんの二人だけが登場人物です。どうも蛾娘のほうが圧倒的に長命の種族のようで、彼女はいつか来る男との別離に思い悩みますが、生涯添い遂げることを決め男女として契りを交わすというものです。寿命ネタは異種族シリアスものではわりと鉄板な、下手すると陳腐化しちゃうところがありますが、やっぱ綺麗に作られるとじんわりと心に来ちゃうんですよね。
 しかしそれでいて最後まで明るく、穏やかな筋立てにしてあるのですっきり、すんなりと読めます。

  蛾娘のお姉さんのキャラクターも魅力的でして、ときにちょっと気だるげで儚さのある表情やおっとりした物腰は上品ですが、一方で脱いだ時の柔らかそうな肉感と蟲らしさがミックスされたエロい体つきが欲情を誘います。

山姫ノ繭 又

 H部分についてですが、フェラの際に表情がちょっとクドい感じで個人的には気にはなります。しかし断面図を交えた丁寧で濃厚な描写は、非常にエロいです。胸の柔らかさを感じさせるパイズリが特に秀逸。
 一方で、二人のキャラクターが控え目な性格なため、盛大に好き好き言いながらちゅっちゅするようなスタイルではありませんが、互いの手を取るシーンに恋人同士の幸福なセックス感があり和姦イチャラブ好きとしても大変に満ち足りた気分になります。

 総じて派手ではないしポップさはないけれど、実に完成度が高い作品だと思います。
おすすめ同人作品
最新記事
リンク
相互リンク希望の方はコメント欄よりお願いします。

相互RSSも募集中
タグ:

触手 同人誌 CG集 異種姦 モン娘 コミック スライム  百合 音声 丸呑み ADV RPG 妖精 おねショタ ふたなり アンソロ 東方 エアドール日記 全年齢向け 動画 メガネ ホラー 獣姦 人形 SLG メカ娘 STG 小説 

カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

ibuki

Author:ibuki
https://twitter.com/ibuki_345

月別アーカイブ
検索フォーム